HPリニューアルの裏話(2か月たちました)

HP「おんだ」をリニューアルして、2か月がたちました

こんにちは、”おんだチャンネル”です。令和3年3月1日にリニューアルしたHP「おんだ」も、今日で2か月がたちました。新規で当HPを閲覧いただいた方(アクティブユーザー)が1,500人を超えました。ありがとうございます。今後も身近な地域情報を発信していきますのでよろしくお願いします。

今日はHPリニューアルにまつわる裏話?を少し紹介します。HPを立ち上げる上で最も大事なことは、サーバーの管理(セキュリティ)と更新のしやすさと考えています。業者さんや周りの詳しい人にお願いしてHPを立ち上げたものの、管理者が変わったり、更新がめんどくさい・分からない等の理由で、情報が古いままでほったらかしになっているHPを少なからず見たことがあるのではないでしょうか。HPは、HTMLという言語で構築していきますが、言語を(完璧に)使いこなせないとHPは思い通りに表示できません。一昔前は、HPを作成・管理することは高い専門性が求められました。しかし、今はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を利用することで、HTMLが分からなくても、ある程度は思い通りのHPが作れるようになってきました。ただ、CMSはあくまでHPを管理するツール(道具)であり、”なまくら”では結局は思い通りのHPの更新はできません。我々が使いやすい道具にカスタマイズして納品していただけるよう業者さんと交渉を続けました。業者さんにはHPを作ってもらったというより、HPを更新しやすい道具を作ってもらったというイメージです。とても使いやすい道具ですので、ストレスなくHPの更新ができています。

コロナ禍で、令和2年度はICT(Information and Communication Technology)を活用する機会が格段に増えました。令和3年度になっても、小中学校で端末が配付されるなど、教育の現場にもICTは拡大され、加速している印象を受けます。様々な行事が中止・延期されることが多くなった今、当HPを利用して正確・最新の情報を発信しますので、地域の皆様には情報をキャッチした上で行動を決定していただければ幸いです。

2か月のアクティブユーザーの推移です。新聞に紹介していただいた3月中旬に突出しました!

PAGE TOP